7月10日(火)、13日(金)着衣泳

7月10日と13日に着衣泳がありました。

消防署の方に、水の事故に遭ったときに命を守るにはどうすればよいか教えていただきました。

ポイントは「浮いて待て」です。ランドセルやボール、クーラーボックス等、身の回りには水に浮くものがたくさんあることも分かりました。

次に、実際にプールに入り、ペットボトルを使った浮き方を体験しました。

服を着たまま水の中に入ると、体が重く感じることにびっくり。でも、とても上手に浮いて待つことができました。

もうすぐ夏休みが始まります。楽しい夏休みにするために、水の事故には十分注意しましょう。