カテゴリー別アーカイブ: 5学年

10月30日 5年 もみ取り

5年生が、収穫した稲のもみ取りをしました。

今日は、野球ボールとざるを使ったり、ゴムのシートを貼り付けたまな板を2枚使ったりして、手作業でもみを取りました。

 

ある程度もみが取れたら、息を吹きかけたり、扇風機を使ったりしてもみがらともち米を分けました。

 

その作業を何度か繰り返すと、だんだんときれいなもち米になっていきました。

10月16日 5年 脱穀

5年生が脱穀をしました。

初めに、フェンスや鉄棒にかけて乾燥させていた稲を1カ所に集めました。

続いて脱穀の作業ですが、子供たちの前には見慣れない道具が並んでいます。

これらは、千歯こき、足踏み式脱穀機という道具で、千歯こきは江戸時代から大正時代頃まで使われていたそうです。今日はこれらの道具を使って脱穀の体験を行いました。

2人で協力して千歯こきを押さえながら稲を引き抜くと、きれいにもみが穂から落ちました。また、足踏み式脱穀機を使うと、より簡単に短い時間で脱穀ができることが分かりました。

作業は大変でしたが、脱穀が終わったもち米を見て子供たちはとてもうれしそうでした。

10月16日 5年 校外学習

5年生がコカ・コーラ工場見学へ行きました。

お茶やジュースをペットボトルに詰めていく作業等を見せていただきました。

職員の方にコカ・コーラの歴史についてお話を聞く中で、きれいでおいしい水を安定して確保できることが、砺波に工場を建てた理由だということが分かりました。

 

最後に、珍しい瓶に入ったコーラをいただきました。みんなおいしそうに飲んでいました。

10月14日 学習発表会 午後の部

学習発表会 午後の部

4年生「Let’s  go!  ~スペースワールドへ~」

 

みんなの心が1つになった素敵な演奏でした。

 

3年生「ほんとうの宝物」

   

それぞれの役になりきって演技ができました。

 

6年生「夢のチカラ」

  

メッセージが見ている人にもしっかりと届きました。

 

児童代表の挨拶

 

 

子供たちは、日頃の練習や予行以上に大きな声や振りで発表することができました。また、係の活動も最後までやり遂げ、学習発表会を成功させることができました。

お忙しい中ご来場いただいた皆様、そして、ステージ発表のための準備やバザーの準備にご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

10月14日 学習発表会 午前の部

学習発表会を行いました。

「 みんなが主役!! ~一人一人が輝く最高の学習発表会にしよう~ 」のテーマのもと、各学年の発表や係活動に全力で取り組みました。

 

午前の部

児童代表の挨拶

 

全校合唱

 

「チャレンジ」を歌いました。体育館いっぱいに北部っ子の素敵な歌声が響きました。

 

自作童話発表「おじいちゃんとロボット」

声の調子や身振りを工夫して、堂々と発表しました。

 

5年生「Dance  Battle  in  北部」

 

息の合った迫力のあるダンスを披露しました。

 

1年生「ねずみのよめいり」

 

台詞を上手に言えました。ダンスもかわいらしかったです。

 

2年生「音楽大すき 2年生」

  

楽器だけでなく体も使って、音楽の楽しさを表現しました。

 

お昼の様子

9月27日(木)5年 稲刈り

5年生が稲刈りをしました。

5月に田植えをし、夏休みも畦の草取り等を頑張ってきて、今日がいよいよ稲刈りです。

最初に、いつもお世話をしてくださる地域の方々から稲の刈り方についての説明を聞きました。

 

前日までの雨で田んぼの中はぬかるんでいましたが、子供たちは嬉しそうに稲を刈り取っていました。

 

乾燥させるために刈り取った稲をグラウンドのフェンスにかけていくと、フェンスがほとんど埋まってしまいました。鉄棒にもかけなければならないほど、たくさんのお米がとれました。

 

子供たちは手作業での稲刈りの楽しさだけでなく、大変さも感じていたようでした。

9月27日(水)学習発表会に向けて②

今日は、5年生と6年生が学習発表会に向けて頑張っている様子を紹介します。

5年生

ステージで発表するダンスの練習を頑張っています。朝活動の時間や休み時間にも進んで練習に取り組んでいます。

9月10日と20日には、SEIBUスポーツクラブの室永先生をお招きして、上手に踊るポイントを教えていただきました。

 

 

6年生

小学校生活最後の学習発表会を思い出に残るものにしようと、6年生は劇の練習を頑張っています。

登場人物がどのような気持ちなのかを意識しながら、同じ場面に出る人たちと振り付けを考えたり、台詞の言い方を工夫したりしています。

 

どんな発表になるか今から楽しみです。

 

9月11日(火)自作童話大会

砺波市少年少女自作童話大会が行われました。

4人の5、6年生が自分で考えた童話を、審査員の方々と全校の児童の前で発表しました。

「本当の友達」

「ユウボとぼく」

「大切なもの『命』」

「おじいちゃんのロボット」

 

 

1学期からお話の内容を考え、夏休みも学校に来て練習を頑張ってきました。今日は4人とも練習の成果を発揮し、素敵な発表ができました。聞いている子供たちもお話の世界に引き込まれていました。

 

聞く態度も素晴らしいです    発表を終えてホッと一安心